〒966ー0813 喜多方市字小田付道下7099-3  TEL 0241-22-0218
新丁子屋 の お食事について   PDFで、パンフレットとれます
新型コロナの検査体制ができるまで、地元の お客様中心の営業をします
20畳から64畳の和室宴会場の他 100名収容の大ホールもありますので 会議などにも利用できます
尚、当店は 地元のお客様を中心に、創業以来 予約100%の営業をしていますので
三密を気にせず 全て独立した部屋で 新しい生活提案のもと ゆっくり 会食や宴会ができます
コロナ対策PDF 自動会計ソフト 会食メニューPDF 新丁子屋パンフレットPDF お勧め情報PDF
都市部と違って 喜多方に、三密は ありません  田舎にあった生活、考えてみませんか
 全ての座敷が、田付川の土手・月見町の広い通りに面してます
 各部屋に、「大きな窓」も ありますので 換気は 十分です。 
      暑い夏や、寒い冬は 無理ですが、その他の季節は
                     さわやかな川風の中で ゆっくり 会食下さい。

←  新丁子屋の屋上から撮った写真です。
  左下にわずかに見える屋根が、新丁子屋です。
  広い月見町通りと、田付川の土手の間の細長い建物です

部屋から見た田付川

田付川からの店

田付川からの店

部屋から見た田付川
座敷テーブル 導入について
 要望の多かった座敷テーブル 30台 普通より 広めに発注して 導入しました
少ない人数から、コロナの検査体制が整えば 60名程度までの会食ができます
各部屋が広いので
対面のお客様とは 3Mは 離れますので 飛沫感染の危険性は少ないです
3mmアクリル板60*50cm 35個準備しましたので 飛沫感染予防にご利用下さい
大きな宴会を、各部屋に分けて 利用することなども考えていますので ご相談くださ

一度、会場をご覧になって 安全性が高いなあと 思える時は ぜひ ご利用ください
感染症は、飲食店が いくら対策しても「感染したお客様」が 来店すれば 防げません
感染地域に行った時は 注意する、体調が悪いときは 会食しない勇気が 大切です

一階大広間64畳

二階広間42畳

一階小部屋20畳
新丁子屋の 感染症対策について
国の「コロナ感染予防 事業再開枠」に採択されました。 最新の感染予防に全力を尽くします
話題の「オゾン発生器」で消毒・「低濃度オゾン発生器」利用で会食など 感染防止に努めます
奈良県立医大・藤田医科大学の研究発表で注目され、全国の施設で 導入され始めています
 三密をさけての会食が「感染予防」の決め手です
各部屋に窓がありますので 川風が吹き込みます
高濃度オゾン発生器で 消毒
 オゾン生成量600mg/hで 強力脱臭&協力除菌!
 強力オゾン消毒器オースリークリアV 3台導入しました
低濃度オゾン発生器で 感染予防
 オゾン生成量4/6/8mg/h 低濃度オゾンで感染予防!
 爽やかウインドAP-8、4台導入し感染予防に努めます
非接触型体温計・消毒用アルコール設置
 各部屋に準備しましましたので、是非 ご利用ください
連絡用QRコード認識 → スマホに、感染連絡
 連絡用QRコードを認識して空メールを送るだけです
 コロナに感染したお客様でた時に情報をお知らせします
アクリル・パネルで 飛沫予防
 3mmアクリル板 60*50cm、35個 準備しました
新丁子屋は、喜多方の中心を流れる田付川の土手沿いにあり、
座敷は 全て独立した部屋のために換気もよく 三密を気にせず 落ち着いて、会食ができます

窓を開けると、川からの 川風も吹き込みますので みんなで楽しく 会食下さい
 
お部屋紹介 宴会 料理 お祝い お法事 お飲み物 ランチ料理 PDF パンフ
ランチを お考えの方に お勧めします
 会費・人数入力 → 会食会計を 自動で 会計レーションできます
→ エクセルで、ダウンロード・印刷できます
三密には、十分注意してますが 熱が高かったり 体調が悪いときは 会食をご遠慮ください
新型コロナ感染メールサービスを実施してますので 是非 ご利用ください
座敷テーブル利用で、時間を気にせず 会食ください   当店は、すべて 独立した個室です
法律改正により、2021年4月から 価格表示が 税込表示のみになります
 ◆ 松花堂弁当 (プラス 一品料理)    仕入れ状況によって、内容が変わります
        一人 1500円 〜 3000円 
 通常 1500円 / 2000円 /3000円(税込)
(1)煮物orおかず (2)焼き物 (3)前菜orおかず
(4)揚げ物 (6)漬物 (5)ごはん →そんな感じです
   松花堂弁当の他に、みそ汁・デザートがつきます
   料金により 松花堂弁当に 一品料理が プラスされます
 ◆ ランチ会席 (ご要望をお聞かせ下さい)   一人 2000円
      みそ汁・デザートがつきます   
昼食メニューは、席料を 100円に サービスします
天ぷら会席  2000円
すきやき会席 2000円
陶板焼会席  2000円
おまかせ会席 2000円
お昼の無尽や、お仲間の会食に ご利用ください。 
お客様ごとの、違った注文には 対応しかねます。
おまかせ会席は、5品程度の組み合わせになります。 
お昼の無尽メニューに、ご利用ください。
時間制限はありませんので、ゆっくり会食してください。
ランチコースは、100%予約のみです  前日まで お申し出ください  1日1組のみの予約です
ワクチンができるまで、地元中心の営業をしてますが、参加者に地元以外の人がいても大丈夫です
感染症対策の為、健康には 十分 気を付けてください  無理はしないで下さい
そば粉100%の生そば・稲庭うどん等のご希望がありましたら準備しますので、お申し出ください
 感染症対策について
新しい生活環境での 飲食店営業のために できる限りの努力をします
三密には、十分注意してますが 熱が高かったり 体調が悪いときは 会食をご遠慮ください
スマホで、QRコードを認識
→ コロナに感染したお客様が出たとき メールで お知らせ
お部屋に、非接触型体温計・消毒用アルコールを 設置しました   ご利用ください
 → 国の持続化補助金「コロナ感染予防 事業再開枠」に 採択されました
国の「コロナ感染予防 事業再開枠」に採択されましたので、感染予防に全力を尽くします
話題の「オゾン発生器」で消毒・「低濃度オゾン発生器」利用で会食など 感染予防に努めます
→奈良県立医大・藤田医科大学の研究発表で、全国で注目されている商品です
基本的に、周りに建物がないのと 各部屋が独立してるので 窓を開けての会食 お勧めします
  TVで よく言われている 人数の多い、宴会や 会食は 危険なんですか
 新型コロナの大きな特徴は、若い人は無症状感染が多く ほとんど重傷化しないという事です。
インフルエンザと違って 密になりやすい都会型の病気で 過疎地では 感染者が少ないという事です
5人以上の会食は危険だと 盛んに注意喚起されていますが それは単に、対処療法にすぎません。
都会では、どんなに頑張っても「三密」を避ける事はできません。それで 感染者が増え続けています。
有効なワクチンが出来て 集団免疫を獲得する方法しか 感染流行を止める手段がありません。
田舎は、「三密のない過疎地」「顔見知りの住民」ですから、都会と違った防御策が きっとあります。
医療崩壊は、二類感染症のしばりを解かない限り 看護師さんの負担が減へらないのでなくなりません。
人数の多い「宴会」や「会食」は、危険だとよく言われてますが それは 都会に限ってのことです。
過疎地においては、違います。 
感染症は、人数によって 感染が広がるものでは ありません。
東京など大都会、福島県でも 福島市・郡山市など 不特定多数の人が 出入りする街では 誰が 感染症にかかっているか特定できませんので 感染が広がる危険性は 大です。
過疎地で、他の人の出入りのない街では、顔見知りの人が 多人数(過疎地は人はいませんが)で 集まって 会話しても 感染が広がる可能性は 少ないです。 感染に注意して、感染者がいない前提です。
田舎における最大の感染症対策は、三密にこだわって ギスギスした人間関係を作ることでなく 会津人らしく 他人に気配りしながら、住んでいる街に 気配りしながら 生活することです。
感染症は、飲食店が いくら対策しても「感染したお客様」が 来店すれば 防げません。
お客様が、感染地域に行った時は 特に注意する、体調が悪いときは 欠席する勇気が 大切です。

当店では、お客様の相席は絶対にないので 仲間の健康なお客様同士では 安心して 会食ができます。
家族経営の店ですし、従業員も昔からの人ですから 感染症にかかる可能性も 低いと思います。
暑い夏や、寒い冬は 無理ですが、その他の季節は さわやかな川風の中で ゆっくり 会食下さい。
体調の悪いときは、会食をやめて下さい。 感染流行地域に行った時は、特に ご注意ください。
   お食事をしたいんですけど、大丈夫ですか?
以前は、お食事の注文は ほとんど受けていなかったんですけど、前日までの予約に限り 新しい生活提案の為に 座敷テーブルを 導入したので お昼のランチメニューを 始めました。
当分の間 感染症対策や、夜の営業準備のため 大変申し訳ありませんが 1日1組の営業とします。
地元のお客様の注文を原則としますが、メンバーに 喜多方以外の方がいても 大丈夫です。
時間を気にせず、田付川からの川風を浴びながら 三密など気にせず お楽しみください。
天ぷらが良い、すき焼きが良い、牛肉の陶板焼が良い など ご希望を言ってください。
できるだけ、お客様のご要望に沿うように 準備しますし 「おまかせ」でも 大丈夫です。
全国にネットの友人がいるので 全国の生産者からの直接仕入れた食材も あります。
尚、3時間以内の会議でしたら 会議室使用料は無料ですので 会議→食事の利用もできます。
ただし、町内は まこと食堂の観光客が多いので 
お客様の駐車場の準備は できません。
  駐車場は、ありますか?   送迎は、していただけますか?  
駐車場は、しきみの里(金毘羅神社となり)前に 8台程度あります。
当店が暇な時は、まこと食堂のお客様が 使用する事がありますので ご注意下さい。
お法事・お祝い等で、お昼の時間に駐車するときは 前もって連絡下されば 準備いたします。
夜の時間は、まこと食堂さんの駐車場も 利用できるので 16台程度 駐車できます。
駐車場における事故の責任は、当店では負えませんので お客様の責任で ご利用下さい。
現在、当店では 感染症対策の為に 送迎は一切 行っていません。
ワクチンができるようになって、感染症対策が出来れば 何らかの対策を考えたいと思っています。
喜多方市役所から2分、
西四ツ谷・新道市営駐車場から3分のところ、
喜多方市の中心部に 【月見町】 があります

田付川沿いの 月見町には、喜多方ラーメンで
有名な 「まこと食堂」 が、あります
祭礼紹介
16年前の写真
町内8月3日
月見町で休憩
喜多方の蔵の歴史などを、紹介しています。
山車ものがたり
太鼓台の歴史
山車の組立
組立を紹介
祭礼の見どころ
祭礼日程
お部屋紹介 宴会 料理 お祝い お法事 お飲み物 ランチ料理 PDF パンフ
http://kitakata.info/shin/heya/shisetsu.htm http://kitakata.info/shin/ryouri/enkai.htm http://kitakata.info/shin/ryouri/houzi.htm http://kitakata.info/shin/ryouri/shin.sake.htm http://kitakata.info/shin/ryouri/bentou..htm
→【割烹 新丁子屋】 TOPに戻る

966−0813 福島県喜多方市字小田付道下7099−3 (通称 月見町)
TEL 0241−22−0218  FAX 0241−21−1508
Copyright (C) Arata-Adachi Kitakata Japan All Rights Reserved.