昔の新丁子屋です
  私の家にあった 昭和25年頃からの 【昭和の月見町】の写真の一部を紹介します
私の住む「喜多方市月見町」は、街の中心にあるんですけど 河川改修などで戸数20戸余りに なってしまいました。
小さい町内ですが、葬祭・祭り・斉の神など 町内行事には 全員が協力参加します。 月1回、町内の無尽もあります。
町内の東側を流れる「田付川」では、毎年 鮎の稚魚が放流されますし、幸橋の架け替え工事もおわりました。
冬には、田付川に かもなど野鳥も泳いでいたり 朝晩は河川の土手を散歩する人たちもたくさんいます
また、月見町地区は 霊峰 飯豊山系の伏流水(地下水)が豊富な土地で 安全で おいしい地下水が飲めます。
原発事故で、水道水の汚染が話題になっていますが 伏流水は 自然の名水ですから すごく恵まれた地域になりました。
首都圏では、水道水の放射能汚染が話題になって 水のペットボトル購入が大変そうですが
長い時を経てよみがえる飯豊山系の 伏流水は自然の名水ですから すごく恵まれた地域だといえます。
私の店「新丁子屋」では、その「美味しくて安全な地下水」を使っています(毎年水質検査をして、滅菌処理をしています)。
新丁子屋の駐車場50メートル圏内は フリースポットになっていますので24時間インターネットネット接続ができます。
花街であった「月見町の今と昔」を HPを通して 全国に紹介したいと思っていますので 気軽に覗いてくださいね。
喜多方地方の交通情報 喜多方の天気予報 喜多方のフリースポット 新丁子屋 周辺地図
新丁子屋へのHPに、リンクします。
昔の月見町の写真
空から写した写真は、新聞社の方がヘリコプターで写した写真だそうです。私の家の屋根も見えます。(昭和28年頃)
人がたくさん写っている写真は、文化祭の時の写真や仮装行列に参加した時の写真だそうです。
月見町の道路は、喜多方の方ならご存知だと思いますが 市内でも珍しいくらい ものすごく広い道路になっています。
昔は、私の店以外にも10数件の料理屋さんがあり、芸者さんも100人以上いたので 三味線の音などで華やかだったそうです。
道の両側には たくさんの桜の木があって 桜の季節はすごくきれいだったそうです
また、月見町地区は 昔から 霊峰 飯豊山系の伏流水(地下水)が豊富な土地で 安全で おいしい地下水が飲めます。
道の両側には小川(側溝)もあったので、今その姿が残っていたとしたら すごい観光資産になったと思われます。
桜の並木を 親子で自転車に乗っている写真は、父と私で店の前で撮った写真です。 白黒ですが、桜の季節の感じわかると思います。
下の3枚の写真は、私の店「新丁子屋」の昔の写真です。 子供のころ、育った店ですから すごく懐かしいですね。
昔の冬の月見町の写真
今でも、雪が多いんですけど 昔の雪は今の雪とは違って 本当に多かった記憶があります。
今のように、各家庭にスノーダンプなどなかったし 市役所でダンプなどで雪をかいたり道路をきれいにするなどありませんでした。
裏の河原(田付川)でスキーをしたり、庭にかまくらをつくったりした思い出が すごく懐かしいです。
冬の写真は、もっとたくさんあるんですけど ほとんどが 遊んでる様子を撮った写真なので 3枚のみ紹介します。
昔の諏方神社祭礼の月見町の写真
芸者さんがたくさんいた頃の月見町の祭礼の写真と、芸者さんがいなくなった頃の写真です。
月見町の太鼓台は、喜多方市内で唯一 芸者さんたちが祭囃子をしていた山車で 他の町内とは違った運行をしていました。
置き屋さんから選抜された芸者さんたちが、昭和電工・商家(お得意様)などを廻って山車を運行していたそうです。
月見町の太鼓台は、芸者さんたちが太鼓をたたいたり 三味線をひいたりしていたので その身長にあわせて小さくできています。
私の家にもありましたが料理屋さんには、店の宴会場などには 大太鼓・小太鼓などがありました。
当時の宴会は、お客様ごとに火鉢があり、その火鉢でお酒の燗をしていました。 子供のころ、よく炭を火鉢にいれた記憶があります。
写真にあるように 小太鼓のばちも、現在のばちとは違っており 演奏の楽曲も芸者さんのひく三味線の音色が主旋律だったそうです。
今でも残る「ちゃちゃめんこ」の楽曲は、月見町の楽曲といわれており 三味線と笛・太鼓がきれいな旋律を奏でていたそうです。
現在でも、町内を出る時・帰る時は必ず「ちゃちゃめんこ」を演奏しますし、3日昼に町内を訪れてくれる山車も必ず演奏してくれます。
月見町の山車がタイヤになる前の写真も、すごく珍しいですよね。 今でも、その時の太鼓台の部品 金比羅神社の中に残っています。
私も小さかった頃、芸者さんに抱かれて祭礼に連れていってもらっていました。 写真の王将のゆかた、すごく懐かしいです。
あまり記憶になかったのですが、祭りのはっぴに 「新丁子屋&あらた」って名入りで 祭礼用の特製はっぴ作ってもらっていたんですね。
→TOPに戻る

〒966-0813 福島県喜多方市字小田付道下7099-3 「割烹 新丁子屋」 安達 新
TEL 0241-22-0218  FAX 0241-21-1508
Copyright (C) Arata−Adachi Kitakata Japan All Rights Reserved.