諏方神社祭礼奉祝会は、昭和59年5月25日設立された 参加町内代表による祭礼実行委員会です。
平成15年6月8日(日)には、祭礼奉祝会20周年式典も行われ、たくさんの「祭りバカ」も育って来ています。
私もかつて、月見町代表として「祭礼奉祝会」に参加していましたが、ちょうど山車の維持に苦労していた時だったので
祭礼奉祝会の各町内代表の方には、本当に お世話になった思い出があります。
現在、月見町の山車(太鼓台)は 月見町・幸町・御清水の3町内の合同で運行していますが、
そのきっかけとなった、幸町の広田君(第5代会長)との出会いも 祭礼奉祝会発足が縁でした。
今では、当たり前になった3町内合同の祭礼参加ですが 当時を思い出すと たくさんの苦難がありました。
毎年、祭礼後の町内反省会で 必ず話題になりますが 本当に大変でしたが 今では良い思い出となっています。
現在、月見町の太鼓台の屋根に乗っている「鯱(しゃちほこ)」は 幸町の佐藤さんの手作りです。
また、山車の運行・祭囃子も 幸町・御清水さんの協力がないと 運行が維持できない状況になっています。
いつまでも 大正時代から続く イベントでない 「伝統の喜多方の祭り」 楽しみましょう。
また今年も 8月2日の夜、北宮諏方神社で ・・・・・ 元気にお会いできること楽しみにしています。
 祭礼奉祝会歴代会長 
初代 冠木重雄 新仲町代表
2代 伊関 聡 下町南部代表
3代 古川 一 上町代表
4代 稲田啓一 桜ガ丘代表
5代 広田正隆 幸町代表
6代 橋谷田洋之 新仲町代表
7代 大関昌典 上町代表
大関7代目会長が、奉祝会20周年記念誌に寄稿した文章に すばらしいのがあるので 紹介します
(前文略) 祭礼奉祝会記念誌より
私は、奉祝会を通じて諏方神社祭礼に携わり数多くのことを感じ 数多くのことを勉強させていただきました。
その中で間違いなく言えることは、北宮諏方神社の祭礼は 過去も そして未来に至るまで
変えることなく行うということでではないでしょうか。
同じことを繰り返しているとマンネリ化する、それも事実です。
しかし、祭礼はそれを繰り返し行わなければ 祭礼ではないと思います。
8月2日、3日に全ての町内の山車が3回山車を運行して、全ての氏子の町内を回る。
そのことを これから先何十年と続けることができるように協力する事が奉祝会の目的の大きな柱だと思います。
(後文略)
私は、この祭りのすばらしさは 何も変わらない伝統の行事を そのまま続けていることにあると思っています。
祭りの姿は、変化しないが 参加している人の「姿」「想い」・・・が 歳を重ねて その時々で変化する、
子供で参加していた人が、大人になる そしてその子供が「お祭り」に参加するといった自然のながれ、
そこには、時代時代の苦労があって それが「祭りのものがたり」になる そんな素晴らしがあると思います。
観光客に媚びをうるのでなく、汗を流してきた「地域の人たち」が おもいっきり楽しんで 昔のことを話せる、
そんな祭りとして「北宮 諏方神社祭礼」が そして それを伝える道具として「町内の山車」が継承されると良いと思います。
2005.6 作成      
→TOPに戻る

〒966-0813 福島県喜多方市字小田付道下7099-3 「割烹 新丁子屋」 安達 新
TEL 0241-22-0218  FAX 0241-21-1508
Copyright (C) Iide−ipinkan Kitakata Japan Co. All Rights Reserved.